SEO対策ってまだ信じてるんですか?何も知らないと業者にお金を払うだけになってしまいますよ?

今日は真面目にSEOの一部分を語っていきたいと思います

SEO(Search Engine Optimization)というのはご存知だとは思います

検索エンジン最適化という意味ですね

Googleの検査機窓に”SEO”という検索キーワードを入れて検索ボタンを押すと

このような表示がなされると思います

このPPC広告(ネット検索広告)はお金を払って強制的に上位に広告を表示する枠なのですが

今日お話しする”SEO”というのはこの下にあるものの対策にになります

このキーワードに対しての検索結果を上げたいと考えてさまざまな手法を考えたり、業者に依頼してみたりするのですが

この検索結果に自分の記事をねじ込むために四苦八苦するよりも

できるだけルールを理解しておけば良いのではないかと思います

Googleの検索結果基準はコロコロ変わるものですが、意外にも普遍的なものがあります

それは

検索キーワードに対して有効なページなのか

ということだけです

今回の”SEO”というキーワードに対して検索結果が1位のページが存在していますが

これは要するに”SEO”というキーワードで検索した人が一番参考になったというページであるということで

1番上位に表示されているわけです

ではなぜこれが1位に表示されているのかというところですが

過去SEO業者を名乗る方々は

検索キーワードを何個もページ内に入れてみたり

背景と同型色の文字をかなりの数入れてみたり

などのある種裏技を使って無理やり上位表示させることが可能だったのですが

そこはさすがGoogle

そう言ったものを排除するために本質的な部分を強化してきて今に至ります

ちなみに当社でご契約いただいている会社様にもこの上位表示がうまくいっている会社様はかなりの数ございます

その一部を許可いただいた上でご紹介させていただきます

これです↓

みなさん”スニーカーガチャ”と検索してみてください

1位には以下のページが表示されています

☆お宝名物1000円ガチャコーナーより【古着コーナー。 新たにスニーカーガチャが始動。✨】

 

このページが”スニーカーガチャ”という検索キーワードに対して5月1日現在において一番説得力があるページだということです

このページを見てもらったらわかる通り、文字情報は100文字にみたない程度しかございません

あと残りは9枚の写真画像です

一昔前のSEO対策とやらの根底を覆す結果が出ています

なぜこのページが1位表示されるようになっているのか

それも数字で理解することができます

これは”スニーカーガチャ”で1位に表示されているページの分析結果です

私が最も重視する平均ページ滞在時間は1分を超えてますね

それだけみなさまが舐めるようにページを見て興味を持っている証拠です

私はちなみにこの記事ボリュームに対しての閲覧時間は10秒ぐらいでした

問題のこの”直帰率”と”離脱率”なのです

私の認識が合っていれば

直帰率:前のページに戻った人たち
※前のページに戻って別の検索を開始した人たちも含む(こちらからはわからないがGoogleは計測している)

離脱率:検索行動をやめた人たち

という認識でいいかと思います

ということは”スニーカーガチャ”という検索を行なって

お宝発見岡山店の検索結果1位のページを最後に検索をやめてしまった

納得してしまったので検索をやめた

と判断されたので、このページが一番”スニーカーガチャ”というキーワードに対して

説得力があるという結果になった

と言えるのです

要は文字情報が多かろうが少なかろうが

画像が多かろうが少なかろうが

検索者に対しての満足度の高いページが1位という結果になる

ということですね

キーワードがほぼ無限なように

どんな情報も出し続けていないと人目に触れることがありませんので

ぜひどんな情報でも出していただきたいと思います

ちなみに1位になったページも含めほとんどが偶発的に1位になる現象以外に見たことがありません

上記でお話しした以外にも条件はありますが、

まずは興味を持ってもらえるページを目指してみてはいかがでしょうか?

 

パソコン仕事には目薬がなくてはならない存在ですが

こんな目薬があるんだなと思わず買ってしまいました

今日は1727文字

結果が楽しみです

関連記事

  1. GWチラシ仕事が終わりました!次の壁は・・・①

  2. 今日までブログをお休みさせていただきます💦

  3. 悲報:分析のお仕事のブログはあまり関心を持たれていないことが判明しまし…

  4. 当社はGoogleパートナーの資格を持っております。言い忘れてましたが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

アーカイブ

PAGE TOP