求められる結果

昔、私が行なっていたプロジェクトを突然打ち切りにされたことがある。

表面上の理由はお金がなくなったから。だったと思う。

水面下は色々な理由があり、ここで全部書くとそれだけで一つのタイトルになりそうだ。

これはどんな業界にも起こりうる話で、社会に出るとこんなことばかりでうんざりする。

その時の上層の方針や、お金を出してくれる人の気分で私の人生を左右に振り回されている気分を忘れられない。

私の自由なんてないな。

なんだよ。こんなことになるためにプロジェクトに熱狂していたのか。すげぇ馬鹿らしい。

そういうことを強く思っていた。

私が独立した人たちに強く注目するようになったのはその辺りだ。

やはり自分で”会社に所属しない自分”を作る以外に納得できる結果はない。

独立した後、いろんな人に質問される。

なぜ独立したのか?なぜ会社に所属しないのか?

私は会社に所属してしまうと上層の都合で”面白いこと”を”面白くないこと”にされることが納得できなかったし、”面白くないこと”に参加しなければならなくなってしまうことで自分の積み上げてきた信用が一気に崩れてしまうことに我慢ができなかった。

固定給をもらうことの対価で自分を”自分でお金を作れないやつ”にしてしまう。

そんなネガティブなイメージがある。

当時会社に所属していた頃の私のイメージはおそらく”戦っている人”というイメージがあると思う。

だから私は”高い固定給をもらっている自分”では自分の信用を持続できない。

求められているのは”常に戦っている自分”であり”常に面白いことに挑戦している自分”だと思う。

それは少し具体的に言えば戦える環境であり、面白いことができる環境があるということなのだ。

”あの会社面白いことめちゃくちゃやっているし、戦える人がいっぱいいるらしいよ”

となれば才能ある人も興味を持ってくれる。

逆に”あの会社給料はいいんだけども・・・。”

これは見事にポンコツだらけになりそうだ。

私が面白いことができそうな場所を提供するだけだと全く説得力はないし意味がない。

大事なことは圧倒的な結果をコンスタントに出せる力だ。

それが私の今までの、そしてこれからの最大の課題だ。

私はまた元の組織に戻ったが前よりも格段に邪魔は少ない。

理想はまだ貫ける。

写真は私のことを完全に下に見ている飼い猫”もずく氏”。私の方をにらみながら爪研ぎを全力で行うことが日課だ。

もずく氏のことについては時間がある時にまた書こうと思う。

関連記事

  1. 動画広告を作成してます

  2. 天才を活かすには

  3. ピンチは新しいことをするチャンス

  4. Google デジタルワークショップの認定試験に合格しました

  5. 必要なのは事実認識

  6. 感情論の前では全てが無意味になる

  7. 誰でも参加できるインターネット

  8. グラフィックデザインと情報伝達は両輪の関係です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

アーカイブ

PAGE TOP